2019年10月4日オープンの「ららぽーと沼津」の現地レポート!
東京ドーム2.6倍の広大な敷地には、個性豊かなキッズスペースや「こあがり席」など子育て世代に嬉しい施設が充実しています。

ららぽーと沼津


施設のご案内 基本観光情報
 
ららぽーと沼津

とにかく広い!

「ららぽーと沼津」の敷地面積は、東京ドーム2.6倍の約12万㎡。
広い館内には、全国の人気店や地元の名店を含む全217店舗がズラ~~~リ!
そのうち、118店が静岡県東部初出店のお店です。
とにかく歩き回るので、ぜひ歩きやすい靴でお出掛けください

そんな館内を効率的に移動するために、まずは館内の配置や案内マークをご紹介します。

館内の配置について

1階から3階まで全てのフロアに8の字の通路が設けられ、その周りに店舗が並んでいます。

1階

  • 画像クリックで、拡大表示します。
ららぽーと沼津1階フロアマップ
 

2階

  • 画像クリックで、拡大表示します。
ららぽーと沼津2階フロアマップ
 

3階

  • 画像クリックで、拡大表示します。
ららぽーと沼津3階フロアマップ
 

また、8の字の中心には、吹き抜けで明るい「ひかりの広場」があります。
その周辺には座席が多めに設置されているので、待ち合わせや休憩に便利な場所です。

「ひかりの広場」はガラスの天井から自然光が入るので、明るく開放感があります。

ららぽーと沼津 ひかりの広場

館内マークについて

「ららぽーと沼津」の建物から見て、富士山側が「YAMA(山)」マークもしくは「北」、駿河湾側が「UMI(海)」マークもしくは「南」。
そして、東京方面が「東」、大阪方面が「西」で表されます。

富士山側→YAMA(山)マーク
駿河湾側→UMI(海)マーク
東京側
西 大阪側

キッズスペースが充実

「ららぽーと沼津」は子育て世代の客層を意識して造られているので、お子様も飽きずに楽しめる施設が充実。
敷地内には、無料のキッズスペースが4カ所設けられています。
それ以外に次世代型のテーマパーク「リトルプラネット」、ボーリングやクレーンゲームなどが楽しめる「コロナワールド」もあり、1日じゃ遊び切れないほど充実しています。

うみの広場
10:00~17:00(大型遊具)
屋外
無料
大型遊具やポップジェットが楽しめる
こもりらの森 2階
UMI(海)東
無料
年齢毎にエリアが分かれている屋内広場
こにわハウス 2階
YAMA(山)
無料
赤ちゃん向け設備完備の休憩スペース
コロナワールド
キッズエリア
10:30~18:00
3階
YAMA(山)西
無料
入場入れ替え制の屋内広場
コロナワールド
アミューズメントエリア
10:00~24:00(平日)
9:00~24:00(土・日・祝日)
3階
YAMA(山)
ゲーム毎に有料
クレーンゲームやコインゲームが充実
コロナワールド
ボーリングエリア
8:00~25:00(平日・日・祝日)
8:00~26:00(金・土・祝前日)
3階
YAMA(山)東
有料
オートバンパーレーン完備
リトルプラネット
10:00~19:00
(最終受付18:30)
1階
UMI(海)東
有料
遊びながら学べる次世代型のテーマパーク
シネマサンシャイン
9:00~24:00
3階
UMI(海)東
有料
10スクリーン、約1,800席備えた映画館
無印良品
木育広場
1階
UMI(海)
無料
木の遊具体験広場

うみの広場(無料)

南エントランスを出た屋外に、「うみの広場」があります。
ここでの注目は、5つの滑り台が連結されている大型遊具。
子どもが夢中になって、ここから離れられなくなってしまいそうですね。


場所 UMI(海)側屋外
大型遊具
利用時間
10:00~17:00
ららぽーと沼津 うみの広場

その近くには、地面から水がピュッと飛び出す「ポップジェット」を設置。
暑い日には、水遊びも楽しめます。


場所 UMI(海)側屋外
ポップジェット
運転時間
10:00~21:00
毎時00分,30分
ららぽーと沼津 ポップジェット

こもりらのもり(無料)

2階のUMI(海)東側にある無料のキッズスペース。


場所 2階のUMI(海)東側
ららぽーと沼津 こもりらのもり入口

年代別に3つのエリアに分かれているので、小さなお子様も安心して遊べます。
海や森をイメージした内装で、壁をくり抜いた秘密基地のような腰かけや動く魚の影に、お子様も大はしゃぎ。

ららぽーと沼津 こもりらのもり

こにわハウス(無料)

2階のYAMA(山)側にあるキッズスペース。


場所 2階のYAMA(山)側
ららぽーと沼津 こにわハウス入口

壁に描かれたイラストが目を引く、かわいらしい空間です。

ららぽーと沼津 こにわハウス

室内には、おむつ交換台や授乳スペース、電子レンジなどを装備したミニキッチンがあり、赤ちゃん連れのお母さんも安心です。

ららぽーと沼津 こにわハウス

コロナワールド
キッズエリア(無料)

3階「コロナワールド」内にある8歳以下のお子様が対象のキッズスペース。
ここにはボールプールやトランポリン、ボルタリングや吊り橋など、ワクワクする遊具がいっぱい。


場所 3階のYAMA(山)西側
営業時間 10:30~18:00
(休憩12:00~13:00)

ららぽーと沼津 コロナワールドキッズエリア

料金は無料ですが、30分毎の入場入れ替え制となっています。
1回あたりの定員は30名。
現地で事前に時間指定しなければなりませんので、興味のある方はお早目に。

ららぽーと沼津 コロナワールドキッズエリア 時間指定

コロナワールド
アミューズメントエリア

「キッズエリア」のすぐ隣りは、クレーンゲームやコインゲームが並ぶ「アミューズメントエリア」。
クレーンゲームの景品は、250種以上取り揃えているそうです。


場所 3階のYAMA(山)側
営業
時間
平日 10:00~24:00
土・日・祝日 9:00~24:00

ららぽーと沼津 コロナワールド アミューズメントエリア

コロナワールド
ボーリングエリア

おしゃれな内装のボーリング場もあります。
ガターにボールが落ちない様にできるオートバンパーレーンが全レーンに完備されているので、小さなお子様も一緒に楽しめます。


場所 3階のYAMA(山)東側
営業
時間
平日・日・祝日 8:00~25:00
金・土・祝前日 8:00~26:00

ららぽーと沼津 コロナワールド ボーリングエリア

リトルプラネット

1階の南エントランス付近にあるのは、県内初出店の「リトルプラネット」。


場所 1階のUMI(海)東側
営業時間 10:00~19:00
(最終受付18:30)
ららぽーと沼津 リトルプラネット入口

ここは昔ながらの遊びにデジタルを融合させた次世代型のテーマパーク。
遊びながら学べるアトラクションが、全部で13種類あります。

1番人気は「スケッチレーシング」。
自分の描いたオリジナルカーでレースに挑戦。
大画面に映し出され、大興奮間違いなしです。

ららぽーと沼津 リトルプラネット

料金は、気軽にお試しできる時間制(30分~)と、時間を気にせず楽しめる「1日フリーパス」があります。


  小人
(~17歳)
大人
(18歳~)
30分 ¥800 ¥800
延長150分 ¥300 ¥100
1日フリーパス(平日) ¥1,800 ¥900
1日フリーパス(休日) ¥2,400 ¥1,200

シネマサンシャイン

10スクリーン、約1,800席備えた映画館。


場所 3階のUMI(海)東側
営業時間 9:00~24:00

ららぽーと沼津 シネマサンシャイン

特に注目したいのが、国内2館目となる超・体感型のアトラクションシアター「4DX with ScreenX」。
3面マルチプロジェクション上映システムによって映し出される映像は、超ド迫力!
前後・左右・上下に動くシートに座り、水、風、フラッシュなどを体感しながら、今までにないダイナミックな映画鑑賞を楽しめます。

ららぽーと沼津 シネマサンシャイン

無印良品
木育広場

0~6歳のお子様が対象の、木の遊具体験広場。
木のボールがいっぱい入ったお風呂に浸かってみたり、コロコロ転がしてみたり、思い思いに木のぬくもりを感じる事ができます。


場所 1階のUMI(海)側

ららぽーと沼津 無印良品 木育広場

お食事処の注目施設

「ららぽーと沼津」のお食事処は大きく分けて、1階レストランゾーンと3階フードコートの2つあります。
そこにはそれぞれ、お子様連れに嬉しい施設があり、大変注目されています。

1階レストランゾーンにあるのは、水族館のような横幅約10m大水槽。
お魚を眺めながら、お食事を楽しむことができちゃうんです。

3階フードコートにあるのは、床に座ってお食事できる「こあがり席」。
元気に動き回る小さなお子様連れでも、安心してお食事を楽しむことができます。

大水槽 1階
YAMA(山)東
レストランゾーン「メルカドサマサ」内
こあがり席 3階
UMI(海)東
フードコート「NUMAZU GRAND DINING」内

水族館のような大水槽(1階)

大水槽は、1階レストランゾーンの「メルカドサマサ」内にあります。
「メルカドサマサ」はスペインの市場のようなオシャレな空間。
沼津の老舗水産業者・佐政水産が地元企業と連携し、食物販とダイニングを提供しています。

ららぽーと沼津 メルカドサマサ

多数のテーブルが並ぶフードホールの一角で青く光り揺らめくのが、横幅約10mの大水槽。
お魚を眺めながらお食事を楽しむことができます。

ららぽーと沼津 大水槽

この魚たちを管理サポートしているのは、沼津港で人気の「沼津港深海水族館」
水槽の裏には、水族館と同じような設備が整っています。
タカアシガニやサギフエなど約600匹の駿河湾の生き物が、水槽内で元気に泳ぎ回っています。

ららぽーと沼津 大水槽 タカアシガニ

こあがり席(3階)

「こあがり席」があるのは、3階フードコート「NUMAZU GRAND DINING」の1番奥。

ららぽーと沼津 フードコート「NUMAZU GRAND DINING」

下足箱前には、ベビーカーの駐輪スペースが設けられています。

ららぽーと沼津 こあがり席

広々としており、元気に動き回る小さなお子様連れでも、安心してお食事できます。
また、開口部の広い窓ガラスから明るい日差しがこぼれ、開放的な空間となっています。

ららぽーと沼津 こあがり席

その一角には、電子レンジや調乳用給湯器も備え付けられています。

ららぽーと沼津 こあがり席

2019年10月4日にオープンした「ららぽーと沼津」には、便利な施設が充実。
個性豊かなキッズスペースや「こあがり席」など、子育て世代にも大変優しいショッピングセンターとなっています。

ららぽーと沼津 吹き抜け通路
 
 
  • 2019年10月13日
  • 掲載する内容は正確性を心がけておりますが、現地の事情や状況の変化により当てはまらない場合もございます。 お出掛け前に、現地にご確認くださいませ。
 

関連情報

周辺観光施設への
アクセス時間

 
  • 所要時間は、道路状況等により変更になることがございます。
    おおよその目安としてご参考になさってください。
 
 
 
PAGE
TOP