本州No1の透明度を誇る湖「本栖湖」
最新情報や周辺観光施設へのアクセス時間など、知って得する情報が満載

本栖湖

本栖湖
  • 富士五湖の一つ
  • 本州No1の透明度を誇る湖

富士山噴火によってせき止められた湖で、富士五湖の一つ
富士山のビューポイントとしても人気のあるスポット。
千円札の裏側に描かれている富士山はこの本栖湖から見た景色です。
生涯をかけて富士山の写真を撮り続けた岡田紅陽(1895年―1972年)の写真を基にデザインされました。
また、初日の出が作るダイヤモンド富士は絶景で、多くのカメラマンが毎年スタンバイしています。

また、「本州No1の透明度」を誇り、好条件であれば20mを越える透明度を観測することもあります。
過去には、競艇の学校があったり、ジェットスキーで賑わっており、水の透明度が低下し懸念していた時期もありました。

現在は、動力線の乗り入れが禁止となり、水質が改善されています。

富士五湖の中で最大となる121.6mの水深があるので、カヤックツアーやダイビングなど、さまざまなウォーターアクティビティを楽しめるスポットでもあります。
アクティブに富士五湖を楽しみたい方に、本栖湖はぴったりです。


  • 富士五湖の中で、最も深い推進(深さ121.6km)
  • 富士五湖の中で、3番目に大きい面積(面積 4.7k㎡)
住所 山梨県南都留郡富士河口湖町
駐車場 有り(無料)
アクセス

富士五湖道富士吉田ICから約20㎞(約30分)

中央道河口湖ICから約20㎞(約30分)

中央道甲府南ICから約25㎞(約30分)

中部横断道六郷ICから約23㎞(約30分)

富士急行河口湖駅1番乗り場より
「鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス」乗車
「本栖湖」下車
(約50分)

 
  • 2018年6月1日
  • 掲載する内容は正確性を心がけておりますが、現地の事情や状況の変化により変更する場合もございます。 お出掛け前に、現地にご確認くださいませ。
 
 
 
PAGE
TOP